未来設計事務所 mirai sekkei jimusyo

未来設計事務所

※見逃してしまった方はこちらのバックナンバーをご覧ください。




■■■■■2013年9月19日発行(未来設計事務所vol.10)■■■■■



Nu-44_miraisekkei.jpg







■■■■■2013年9月19日発行(未来設計事務所三島版vol.9■■■■■




ms_mi_vol.9_ad.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.9


『円卓を介して家族をつなぎ、子育てを楽しむ家 』

<<間取図(1F)>>

住まいの中心となるリビングには、円卓や5月5日の柱を計画して家族がふれあい、子育てを楽しめる空間を演出しました。

mirasekkei08_1f.jpg

<<間取図(2F)>>

mirasekkei08_2f.jpg
<<全体図>>

 旗竿状のやや閉鎖的な敷地ではあるが、風と光を効率良く取り入れ、又、2階リビングに面してプチガーデニングスペースを設ける事により、開放感を演出しました。

mirai_08_2f.jpg
<<断面図>>

・外観については、住宅地として近隣の建物に対して調和できるようにスタイリッシュなデザインとしました。 

mirasekkei08_danmen.jpg


【建物概要】
敷地面積:145.83㎡(44.00坪)   (※旗竿部分含む。)
延床面積:  99.38㎡(30.00坪)  
1階面積:   49.69㎡(15.00坪)
2階面積:   49.69㎡(15.00坪)
構造規模:木造2階建て
土地+建物+設計料3,000万円以内!!
(※建物価格はあくまでも想定上の概算です。)



少しでも興味を持っていただけましたなら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
建築家がご提案する「家づくり」を多くの方に知っていただけたら幸いです。
【MENU】⇒【PHOTO GALLERY】にてこれまでの作品の一部を掲載しておりますので、
ぜひご覧ください。




■■■■■2013年9月5日発行(未来設計事務所富士版Vol.1)■■■■■




ms_fu_vol.1.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.1


『土間と囲炉裏と大黒柱のある家 』
~3世代が笑顔で暮らせる家~

土間に囲炉裏がある「懐かしさ」と「モダン」が融合した家。

お若い世代の方にも住みやすく、団塊の世代のご夫婦が住み、独立した家族が楽しみに集う家としても生活しやすい設計にいたしました。

ご予算3,000万円で豊かな生活を実現するプランをぜひご覧ください。

<<間取図(1F)>>
(※画像を長押しして新規ページで閲覧できます。)

・家族のコミュニケーションを育む場として、また、おじいちゃん、おばあちゃんが落ち着いて生活できる場として、囲炉裏のある土間を計画しました。

・囲炉裏のある土間は急なご来客やご友人の訪問時にお使いいただけます。

ms_fuji_vol1_1f.jpg
               

<<間取図(2F)>>
(※画像を長押しして新規ページで閲覧できます。)

・二世帯がお互いに遠慮する事なく、最低限のプライバシーを持って生活する事ができるような空間構成としました。

ms_fuji_vol1_2f.jpg
<<配置図>>
(※画像を長押しして新規ページで閲覧できます。)

・土地形状の段差を活かして駐車スペースを大きく4台設けました。

ms_fuji_vol1_haichi.jpg
<<外観>>
(※画像を長押しして新規ページで閲覧できます。)

・隣に建つ住宅との景観のバランスを保つため「和」のテイストを中心に、若い世代の方でも住みやすいよう、モダンなテイストと融合しております。

ms_fuji_vol1_gaikan.jpg
【建物概要】
敷地面積: 264.00㎡(79.86坪) 
延床面積: 125.87㎡(38.00坪)  
1階面積:   79.50㎡(24.00坪)
2階面積:   46.37㎡(14.00坪)
構造規模:木造2階建て


少しでも興味を持っていただけましたなら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
建築家がご提案する「家づくり」を多くの方に知っていただけたら幸いです。
【MENU】⇒【PHOTO GALLERY】にてこれまでの作品の一部を掲載しておりますので、
ぜひご覧ください。





■■■■■2013年8月15日発行(未来設計事務所Vol.8)■■■■■



ms_mi_vol.8.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.5


<<断面図>>

・外観については、住宅地として近隣の建物に対して調和できるようにスタイリッシュなデザインとしました。 

mirai_08_danmen.jpg



<<配置図>>

 ・旗竿状のやや閉鎖的な敷地ではあるが、風と光を効率良く取り入れ、又、2階リビングに面してプチガーデニングスペースを設ける事により、開放感を演出しました。

mirai_08_2f.jpg
【間取図】
・住まいの中心となるリビングには、円卓や5月5日の柱を計画して家族がふれあい、子育てを楽しめる空間を演出しました。
mirai_08_1f.jpg

【建物概要】
敷地面積:145.83㎡(44.00坪)   (※旗竿部分含む。)
延床面積:  99.38㎡(30.00坪)  
1階面積:   49.69㎡(15.00坪)
2階面積:   49.69㎡(15.00坪)
構造規模:木造2階建て






■■■■■2013年5月23日発行(未来設計事務所Vol.5)■■■■■



miraisekkei_vol.5.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.5


<<断面図>>
画像をクリックすると拡大します。

 ・住居が密集した地域、前面道路が1.8mの北側接道という路地部の不利な条件においても、光庭や吹抜けを有効に活用する
事により採光や通風を最大限取り入れた計画としました。

・スキップフロアにより、間取りに変化を与えると共につながりのある空間構成としました。

vol.5_danmen_2.jpg

<<外観パース>>
画像をクリックすると拡大します。

 ・外観については、近隣の建物に対しても極力影響を与えないようなスタイリッシュなデザインとしました。
   
vol.5_danmen_1.jpg


<<間取>>
画像をクリックすると拡大します。

・四方を建物に囲まれた地形においても採光を十分に得ることができ、限られた敷地面積の中で、祖母様の和室や、ご家族様個人のプライバシーを確保できる間取りをご提案いたします。

vol.5_madori_3f.jpg
vol.5_madori_2f.jpg
vol.5_madori_1f.jpg

【建物概要】
敷地面積: 78.12㎡(23.63坪)   ※道路後退による。
延床面積:120.00㎡(36.30坪)   ※吹き抜け部分含む。
1階面積:  50.00㎡(15.12坪)
2階面積:  50.00㎡(15.12坪)
3階面積:  20.00㎡( 6.06坪)
構造規模:鉄骨造3階建て




■■■■■2013年4月18日発行(未来設計事務所Vol.4)■■■■■



genkou.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.4



<外観パース>>
画像をクリックすると拡大します。

 ・外観は、白と黒でシンプルに構成し、アクセントに一部木目調を取り入れる事によりスタイリッシュな雰囲気に仕上げました。
   
・屋根形状は、太陽光パネルの効率性と、ロフト部分を男の隠れ家として有効活用する為に、片流れ形状を採用しました。

vol.3_parth.jpg
vol.3_danmen.jpg
vol.3_loft.jpg

<<間取>>
画像をクリックすると拡大します。

・1階リビングからロフト部分までを、吹き抜け構造とする事により、家族のつながりと風の流れに配慮しました。 

vol.3_madori_2f.jpg
vol.3_madori_1f.jpg


【建物概要】
敷地面積:148.78㎡(45.00坪)
延床面積: 89.70㎡(27.08坪)   
       ※吹き抜け及びロフト部分除く。
1階面積:  55.06㎡(16.63坪)
2階面積:  34.64㎡(10.45坪) 
構造規模:木造2階建て






■■■■■2013年3月21日発行(未来設計事務所Vol.3)■■■■■



vol.3.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.3


<外観パース>>
画像をクリックすると拡大します。

 ・建設地の近隣には自然公園があり、また傾斜地という特徴を最大限に生かして夜は満天の星空、季節によっては、桜や花火等を眺望できるような立体構成としました。


danmenzu_vol3.jpg
haichizu_vol3.jpg
<<間取>>
画像をクリックすると拡大します。

・リビングは傾斜地に大きく張り出して計画し、一面ガラスを張とすることによりダイナミックなデザインとしました。

 ・敷地を有効利用するため、遊び心の溢れるアプローチや、みんなで楽しめるようなバーベキュースペースを計画しました。



madori_vol3.jpg
【建物概要】
敷地面積:431.00㎡(130.38坪)
延床面積:99.37㎡(30.00坪)
1階面積:59.62㎡(18.00坪)
2階面積:39.75㎡(12.00坪)
構造規模:木造2階建て(一部RC造)






■■■■■2013年2月21日発行(未来設計事務所Vol.2)■■■■■



Nu-36_omote-0.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.2


<外観パース>>
画像をクリックすると拡大します。

建設地が市街地であるため建物にかけられる予算は限られるので、外観はシンプルなデザインとし、正面部分にアクセントをつけました。

vol2_perth.jpg

<<間取>
画像をクリックすると拡大します。

建物の中央部に光庭(坪庭)設ける事により、建物全体に光と風を取り入れるとともに、玄関に入ってきた時のインパクトも演出しています。

1階部分の洋間は、書斎もしくは子供の成長や家族構成の変化にも対応できるように計画しました。

vol2_madori.jpg





■■■■■2013年1月17日発行(未来設計事務所Vol.1)■■■■■



mirai_sekkei_vol1.jpg

山梨一正がご提案するプランVOL.1



<<外観パース>>

全体的なイメージは若いご夫婦のご希望のようにシンプルかつスタイリッシュにまとめつつ、同居されるお祖母様に配慮し、植栽を植えるスペースをしっかりと確保しています。
ベランダ、窓を四方に配置し、日照や風通しのよいデザインにいたしました。
plan_gaikan.jpg


<<間取(1F)>>

お祖母様のお部屋となる和室と、家族が揃うリビングを1Fに設け、同居する全ての人が各々の部屋に行く際に必ずリビングを通るよう配慮しました。
これにより、いつどこにいても家族の気配を感じることができます。

週末に楽しむバーベキューでは、リビング、キッチンから出入りのできるウッドデッキを設け、室内外の動線に配慮しました。
plan_1f.jpg



<<間取(2F)>>
2階部分の居室には、リビングに面して小窓が設けられているため、どちらの階からも吹き抜けを通してお互いの気配を感じ取ることができます。


plan_2f.jpg



 |
カテゴリ
最新記事一覧
月別アーカイブ
〒411-0816 静岡県三島市梅名284
Tel : 055-977-6365
COPYRIGHT(c) 有限会社 山梨一正建築設計事務所 -Kazumasa Yamanashi Architectual design office-.ALL RIGHT RESERVED.